シミ取りクリームランキング

シミ取りクリームランキングです。
MENU

シミ取りクリームランキング

 

シミが気になる

 

シミ取りクリームをおすすめのものからランキング形式でお知らせしていきますが、そもそもあなたのシミがシミ取りクリームで取れるかってわかっていますか?

 

まずはシミの種類とシミ取りクリームに採用される成分から説明していきます。

 

 

シミの種類

 

シミには大きく6種類、「老人性色素斑」「炎症性色素沈着」「肝斑」「雀斑」「脂漏性角化症」「花弁状色素斑」があります。

 

順番に見ていきましょう。

 

老人性色素斑

 

紫外線を長期間浴びることでできてしまうシミ。一般的に言われるシミはコレで、薄い茶褐色から濃い茶色までさまざまで、境界線がはっきりしているのが特徴。摩擦や代謝の低下により次第に多くなっていきます。

 

炎症性色素斑

 

ニキビやかぶれ、傷などが治まったときにメラニンが沈着してできるシミ。下着がこすれることによりできる黒住などもこの部類に入ります。

 

肝斑

 

左右対称に発生し、頬骨からこめかみに至る範囲で発生します。30代~50代の女性に多く発生し、妊婦やピルを飲んでいる女性に多く見られ、閉経すると消える人もいることから女性ホルモンが関係していると考えられています。

 

雀斑(ソバカス)

 

幼少期から思春期にかけて発生する遺伝的要素が強いシミで、鼻を中心に両頬に広がっています。メラニンが過剰に分泌されるために発生します。

 

脂漏性角化症

 

もともとあったシミの角層が必要以上に分厚くなって茶色から黒くなったもの。長年の紫外線を受け続けたために起きたものであり、ここまでくるとシミ取りクリームではどうにもなりません。

 

花弁状色素斑

 

日焼けした後に背中に残るシミで、白人に多くできるもの。

 

 

シミ取りクリームが効くシミは?

 

こちらで紹介した6つのシミの中で、シミ取りクリームが効くシミは、老人性色素斑、炎症性色素斑、肝斑の3つです。そのほかの3つに関してはシミ取りクリームが効きにくいシミと言われているので別に対策が必要となってきます。

 

 

シミ取りクリームに使われる成分まとめ

 

シミ取りクリームに使われる成分にはハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸などがあります。

 

ハイドロキノン

 

現在シミ取りクリームで最も効果的な成分がハイドロキノンです。肌の漂白剤ともいわれ、表皮の基底層まで届いてメラニンを還元します。今まで主流だったビタミンC誘導体やアルブチンより効果が約10~100倍にもなります。刺激が強すぎるため、市販のハイドロキノンに利化粧品は3%のものまでで、それ以上になると医師の処方が必要になります。

 

ビタミンC誘導体

 

こちらも基底層まで届いてメラニンを還元しシミを消してくれます。さらにメラニンの発生を抑えシミ、そばかすを防ぐこともできるので、もともとビタミンCがそういう効果を持っているのですが、肌に吸収されにくいため、ビタミンC誘導体として肌につけて表皮の奥でビタミンCに代わることで効果を発揮します。

 

アルブチン

 

アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖の合成物で、メラニンを合成するチロシナーゼとチロシンの結合を阻害し、メラニンの生成を防ぎます。

 

トラネキサム酸

 

トラネキサム酸は肝斑の改善成分として用いられ、炎症を引き起こす酵素を抑制します。メラニンの発生を抑制して肝斑を薄くする効果があります。

 

 

シミ取りクリームランキング

 

シミが気になる

 

こちらではシミ取りクリームノのランキングをお知らせします。

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

 

ハイドロキノン配合の化粧品ですが、長年の研究の結果、ハイドロキノンの停止激化に成功しており、敏感肌の人も使うことが可能です。ハイドロキノンだけでなく高濃度ビタミンCも配合し、メラニンを還元し、メラニンの生成も抑えてくれます。

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

 

皮膚科医が開発した美白化粧品で、点と面のケアでシミを除去しシミが発生しない肌にします。新安定型ハイドロキノンが時間差で肌の奥にある基底層にまで届き、少しずつメラニンを還元し、透明感のある肌に導きます。

 

アスタリフト ホワイトブライトローション

 

アスタリフトのホワイトブライトローションは美白成分アルブチンやビタミンC誘導体を配合し、成分の粒子を肌の基底層まで届くナノレベルにすることに成功しています。

 

メコゾーム ブライトニングフォーミュラ

 

海洋酵素を使って肌を美白に導きます。シミ、ニキビ跡、くすみに対応しています。ブライトニングフォーミュラが使う海洋酵素はマリンプロテインエクストラクトで、古くなったり傷ついた細胞だけを選別して排出するスカベンジ機能を有しています。ターンオーバーのサイクルでこれらの細胞を排出するのがブライトニングフォーミュラです。

 

プラスナノ/HQ

 

ハイドロキノン4%配合の美容クリームで保湿クリームを塗った後の気になる部分に集中的に使います。

 

オバジ ブライトニングナイトセラム

 

ハイドロキノン配合のクリームです。不安定なハイドロキノンを安定化させることに成功しています。オバジ独自のナイトコンセントレイション処方で、日中に受けた紫外線ダメージを夜に修復します。

 

ホワイトショットCX・SX

 

累計出荷本数572万本突破のクリーム。肌が本来持つセルフバリア機能に着目し、また、メラニンの過脂化に着目。透明感のある肌を目指します。

 

 

ドラッグストアで買えるプチプラのシミ取りクリームの紹介

 

ケシミンやキュレルなどが有名ですね。

 

 

シミ取りクリームランキングまとめ

 

ハイドロキノン入りのクリームが一番おすすめで、ビーグレンであれば敏感肌の人でも安心して使用できるはずです。

 

そのためまずはビーグレンをお試しで試して調子が良ければ継続して利用するのが良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ