シミ取りクリームランキング|そのシミはクリームで取れますか?

MENU

シミ取りクリームランキングに入る前に

 

シミが気になる

 

顔にできたシミを取りたい!そんな時に一番手軽にできるのがシミ取りクリームによるシミ取りですよね。

 

こちらでは皮膚科で処方してもらうものではなく、市販のシミ取りクリームをランキング形式でお知らせします。

 

しかし「『シミに効く』と口コミの評価が高かったから買ったのに全然効かない!」という人もなかにはいらっしゃると思います。

 

そもそもシミの種類や肌質によって使えるシミ取りクリームが異なるのをご存知ですか?

 

シミ取りクリームランキングに入る前に、まずはシミの種類と美白化粧品を含めそれぞれに有効な治療法、シミ取りクリームが効くシミの種類、シミ取りクリームに含まれる成分をご紹介したうえで、総合ランキングに加え、タイプ別のシミ取りクリームランキングに進んでいきます。

 

ランキングをご紹介したあと、シミ取りクリームと併用するとより効果的にシミを改善できる方法もお知らせします。

 

説明を読むのを省いてランキングに行きたいという方は、以下のリンクから進んでください。

 

シミ取りクリーム人気ランキングへ

 

シミの種類と有効な治療法

 

そもそもシミはどうしてできるのでしょうか。シミにもいくつか種類があり、その原因は紫外線だけでなく、皮膚のターンオーバーの周期の乱れ、加齢による女性ホルモンの分泌量の変化や、摩擦などがあげられます。6種類のシミをご紹介しながら、その原因と対処法・治療法をご紹介していきます。

 

シミには大きく6種類、

 

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • 肝斑(かんぱん)
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 脂漏性角化症
  • 花弁状色素斑

 

があります。

 

順番に見ていきましょう。

 

老人性色素斑

一般的に言われるシミはこれで、日光性黒子とも呼ばれます。頬骨の上あたりに数ミリから数十ミリ大で丸くでき、はじめは薄茶色で次第に濃くなっていきます。老人性と言いつつも20代から発生する人もいて、大きいものだと2cm以上にもなりますが、境界線がはっきりしているのが特徴です。年数が経過すると立体的になり脂漏性角化症に変化するものもあります。

 

原因

長時間の紫外線や摩擦(肌をこするなど)、代謝の低下(ターンオーバーの長期化)が原因です。時間をかけて徐々に目に見えるようになり濃くなってきます。

 

対処法・治療法

初期のシミはシミ取りクリームやサプリメントや治療薬でビタミンC/Eを摂取するのが効果的です。一方で定着して輪郭がはっきりしてしまったものは皮膚科での治療が必要になってきます。皮膚科ではレーザー治療、一部ケミカルピーリングやハイドロキノン&トレチノイン治療が行われます。治療前後においてシミの再発や悪化を防ぐためにUVケアをしっかりする必要があります。

 

炎症性色素沈着

ニキビやかぶれ、傷などが治まったときにメラニンが沈着してできるシミ。刺激に反応して肌がメラニンを生成し茶色く残ったもので「肌荒れ記憶ジミ」とも呼ばれます。年齢に関係なく全身にできる可能性があります。

 

原因

炎症が原因で、ニキビや傷、肌荒れ、虫刺され、かぶれ、ムダ毛を抜いた後にできます。特にニキビをつぶしたりかいたりした場合にできやすいシミです。下着がこすれることによりできる黒ズミなどもこの部類に入ります。炎症が治まればなくなるものですが、慢性的に同じ個所が刺激されるとシミとして定着してしまいます。

 

対処法・治療法

シミの進行を防ぐために炎症を鎮静化させ摩擦を極力避ける必要があります。美白化粧品は炎症が治まってすぐのケアで改善が見込め、特にハイドロキノンやビタミンC誘導体などの成分を配合しているシミ取りクリームを塗るのは有効な方法です。ターンオーバーの促進が有効対策ですのでピーリングや保湿ケアも有効です。レーザー治療では逆に濃くなってしまったり、色ムラになったりするケースもあり難しいです。放置していても2〜3年で消えるケースもあります。

 

肝斑

30代〜50代の女性に特有のシミで、左右対称に発生し、頬骨からこめかみに至る範囲で発生します。色は薄い褐色で、境目がはっきりしないのが老人性色素斑と異なるポイントです。閉経とともに薄くなり、60〜70歳で消えていきます。肝臓の形に似ているので肝斑と呼ばれる。

 

原因

女性ホルモンのバランスが崩れた時にできやすいと考えられており、妊娠中やピルを服用したとき、更年期に発生します。昔から第2子出産後に出やすいといわれ、30~40代でよく見られます。肝斑が発生した後に摩擦により悪化していきます。紫外線により濃くなると定着して老人性色素斑に変化してしまいます。男性には発生しません。

 

対処法・治療法

シミ取りクリームが有効です。トラネキサム酸が入った内服薬やピーリングと数か月併用すると効果を高められます。メラニンの生成を抑制し、還元する効果のあるビタミンC・Eを含む食材や、活性酸素を排除する抗酸化物質を多く含む食材(トマト、ベリー類など)もおすすめです。一方でレーザー治療は効果を発揮せず、その刺激が更なる悪化の原因となります。また肌をこすらないだけでもシミの改善に役立ち、治ることもあるようです。クリームを塗るときには無理に塗りこむようにするのではなく優しくつけてあげることが必要です。

 

雀卵斑(そばかす)

幼少期から思春期にかけてできはじめ、鼻を中心に両頬に散らばる黄色い小さいシミ。雀の卵の殻の柄に似ているためにこの名称がつきました。シミの形状は丸というよりも三角や四角になっており、色は淡褐色。白人や色白の肌の人に比較的多く発生します。

 

原因

遺伝によるもので、メラニンが過剰に分泌されるために発生します。紫外線の影響でさらに濃くなる場合もあります。

 

対処法・治療法

まずは日頃からUVケアをしてシミをこれ以上濃くしないのが大切です。ビタミンC/Eの摂取も効果があります。メラニンが過剰に分泌されるため理論上はシミ取りクリームも効果がありますが、遺伝的要素が強く出るためなかなか薄くなりません。レーザー治療をしても再発することが多いです。

 

脂漏性角化症

もともとあったシミの角層が必要以上に分厚くなって茶色から黒くなったもので、老人性イボとも呼ばれる良性腫瘍です。表面はボツボツとしていて、顔だけでなく手の甲など、紫外線の当たる所にできる茶色いシミです。

 

原因

もともとあったシミの角質が長年にわたり紫外線を受け続け、細胞のDNAが異常となり発生します。

 

対処法・治療法

シミ取りクリームでは除去できません。炭酸ガスレーザーで薄く削り取る治療や色素レーザーを強く照射する治療、液体窒素による凍結療法で除去できる可能性があります。脂漏性角化症に進展させないためにも予防のためのUVケアと美白ケアは必須。

 

花弁状色素斑

肩から背中にできる小さなシミ。シミの形状が花びらのような形をしているためにこの名称がつきました。白色人種など肌が白い人に多く見られます。

 

原因

急激に日焼けするとできます。肌が日焼けで赤くなる人にできやすいです。メラニンが真皮層まで届いているのが特徴です。

 

対処法・治療法

シミ取りクリームでは取り除けません。レーザー治療のみが唯一の治療法です。急激な日焼けが原因ですので、そのような環境に行くときにはしっかりと日焼け止めを塗る必要があります。

 

シミ取りクリームが効くシミは?

 

シミの種類と有効的な治療法でもわかる通り、こちらで紹介した6つのシミの中で、シミ取りクリームが効くシミは、

 

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素斑
  • 肝斑

 

この3つです。

 

雀卵斑、脂漏性角化症、花弁状色素斑の3つに関してはシミ取りクリームが効きにくいシミと言われているので別に対策が必要となってきます。

 

また肌の表皮層にできたシミであればシミ取りクリームでケアできますが、シミが真皮層にまで広がってしまったときには皮膚科に相談するのが良いでしょう。

 

この先は老人性色素斑、炎症性色素斑、肝斑でお悩みの方だけ読み進めてみてください。

 

シミができるメカニズム・仕組み

 

シミ取りクリームに配合されている 成分が何を目的としているのかを知らずにランキングを見て買っても期待できる確実な効果は得られません。

 

ご自身にとってどの成分が適切なのかを知るために、まず紫外線をはじめとした外部からの刺激によるメラニンの生成・排出のプロセスを解説します。ちなみに女性ホルモンや炎症、摩擦も同様の刺激です。

 

  1. 肌が刺激を感知し表皮内で情報伝達物質が分泌
  2. 肌の基底層にあるメラノサイトが情報伝達物質から指令を受けチロシンを生成
  3. チロシンがチロシナーゼという酵素によってメラニンに変化。
  4. メラノサイトの先から表皮細胞に受け渡され、ターンオーバー(表皮の新陳代謝)に合わせ次々と皮膚表面に押しあげられ、角質とともにはがれ落ちる。

 

メラニンは外部の刺激からお肌を守りお肌を正常な状態に保つためにできるものですが、ひとたびメラノサイトが異常を起こしてメラニンを過剰に分泌するか、ターンオーバーの周期が乱れると、肌内面にメラニンが蓄積しシミになってしまうのです。

 

シミ対策に有効な成分

 

シミ取りクリームに含まれる成分について解説していきます。

 

シミ取りクリームには2タイプ

 

シミ取りクリームは一般的には美白化粧品に属し、その大半は医薬部外品に分類されます。シミ取りクリームは大きく2つのタイプに分けられます。

 

  1. 将来のシミの発生を予防するもの
  2. 今あるシミを薄くして消すもの

 

シミ取りクリームに含まれる成分

 

一方美白化粧品を成分が果たす役割で分けると3つのタイプに分けられ、いずれか1つの役割が期待される成分が少なくとも1つ配合されています。

 

  1. メラニンを作る指令をチロシンに出す情報伝達物質を抑制
  2. チロシンをメラニンに変えるチロシナーゼという酵素を抑制
  3. できてしまったメラニンが蓄積してできたシミを還元・漂白

 

先ほどの美白化粧品のタイプでは、『将来のシミをできにくくする』のは「情報伝達物質を抑制」と「酵素を抑制」、『今あるシミを薄くし消す』のは「シミを還元・漂白」に相当します。

 

シミ取りクリームに配合される成分の種類も非常に多いですが、上記3タイプのいずれかにあてはまるので配合成分を見てどの役割を果たすのかを判断できるのがベストです。

 

各プロセスに役立つ成分

 

いわゆる「美白に効果がある」として厚生労働省より認められているものは20種類程度ありますが、主要なものを3タイプに分類してみました。

 

1.情報伝達物質を抑制

カモミラET、トラネキサム酸、t-AMCHA、m-トラネキサム酸、TXC

 

2.酵素を抑制

ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、4MSK

 

3.シミを還元・漂白

ハイドロキノン、ビタミンC誘導体

 

 

上記以外にも各メーカーが独自に開発した成分がありますので、気になる美白化粧品、シミ取りクリームがありましたら、その商品の公式ページを見てみるとよいでしょう。

 

主な成分の解説(背景が緑の成分は医薬部外品)

 

ハイドロキノン

 

チロシンに結合してチロシナーゼの働きを阻害する作用があるほか、酸化して濃くなったメラニンを還元するので、今あるシミを薄くすることができます。配合濃度によっては皮膚科でしか処方されないものもあります。

 

 

ビタミンC誘導体

 

非常に不安定で浸透しにくいビタミンCを人工的に安定化させたうえで皮膚に浸透しやすくしたもの。チロシナーゼを抑制するだけでなく、今あるメラニンに対して還元作用を発揮し、濃いシミを薄くします。安全性の高さも知られています。

 

アルブチン

 

ツツジ科のコケモモに含まれる成分です。チロシナーゼという酵素の働きを弱め過剰なメラニン生成を抑えてくれます。

 

カモミラET

 

キク科のハーブであるカモミールの葉から抽出した成分です。メラノサイトに作用する情報伝達物質のエンドセリンの作用を抑制し、抗炎症作用も併せ持ちます。

 

トラネキサム酸

 

当初は肌荒れを防ぐ成分として知られていましたが、その後、情報伝達物質の1つであるブロスタグランジンの働きをブロックしメラニン生成を抑制することが判明しました。肝斑を薄くする効果があります。

 

プラセンタエキス

 

豚や馬など動物の胎盤から抽出されるもので、チロシナーゼを抑制する以外にも代謝を促進しするなどで美白作用があるといわれています。

 

4MSK

 

慢性的なターンオーバーの不調に着目して研究開発された成分。シミがある部分の角質に作用し、チロシナーゼの活性を抑えるとともにたまったメラニンの排泄を促します。

 

海洋酵素

 

マリンプロテインエクストラクトとも呼ばれますが、この海洋酵素は古くなったり傷ついたりした細胞だけを除去するスカベンジ機能を持ち、肌のターンオーバーの周期に合わせてこれらダメージを受けた細胞を洗い流し、シミを角層まで持ち上げて排出を促します。

 

 

コラム:カネボウの白斑問題について

 

シミ取りクリームで不安なのは、シミ取りクリームの成分によってカネボウの化粧品で起きた白斑と同じようなトラブルが起きないかという点なのではないでしょうか?メラニンには黒色メラニンと肌色メラニンがあり、シミ取りクリームに含まれる成分は黒色メラニンが生成されるプロセスに働きかけてシミを薄くするのですが、白斑の原因となったロドデノールは、肌色メラニンを作るプロセスにも働きかけてしまったため、正常な肌色を作れなくなり白斑となってしまったと推測されています。現在ロドデノールを使用している化粧品はありません。

 

 

シミ取りクリームの選び方

 

ランキングに行く前にシミ取りクリームを選ぶ際に押さえておくべきポイントをまとめてみました。

 

医薬部外品の中から選ぶ

 

医薬部外品の化粧品は厚生労働省が効果と安全性を認めている有効成分が配合されています。そもそも「美白」化粧品を名乗れるのは医薬部外品である証拠です。成分により個人差はあるので、早めに結果が欲しければ作用の異なる成分を組み合わせたタイプを選びましょう。特にビタミンC誘導体やアルブチンは数十年も使われているので安心して使えます。

 

肌質に合ったシミ取りクリームを選ぶ

 

市販で手に入るシミ取りクリームに配合されている成分で一番効果が高いのはハイドロキノンですが、ご自身の肌質と合わなければその効果も半減してしまいます。

 

それだけでなく特に敏感肌や乾燥肌の方は肌表面の角質層が薄くバリア機能が低下しているため、一歩使い方を間違えると強い刺激に耐えられずかえって肌荒れを引き起こしかねません。

 

シミ取りクリームの中にはヒアルロン酸など保湿成分も加えて敏感肌でも使えるものもありますので、肌との相性を確かめながらご自身に合った成分が配合されているものを選び、できればトライアルセットを購入しパッチテストをしてから顔に使うようにしましょう。

 

シミの状態と治し方で選ぶ

 

ピンポイントで集中的にケアしていくのか、顔全体に広げてゆっくり明るくしていくのかなど、シミ取りクリームによってシミへのアプローチの仕方が異なります。

 

またスキンケアにあまり時間がかけられないという方はオールインワンジェルという選択肢もあります。ご自身のシミの状態を理解してどのクリームを使うと一番効果が高いのかを各クリームの美白のプロセスや使い方を把握したうえで選ぶようにしましょう。

 

 

シミ取りクリームランキング

 

シミが気になる

 

こちらではシミ取りクリームのランキングをお知らせします。

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

 

アンプルール

 

皮膚科医が開発したスポット集中美容液で、一点集中ケアでシミを除去します。

 

化粧水をつける前に軽く叩き込むだけで新安定型ハイドロキノンが時間差で肌の奥にある基底層にまで届き、少しずつメラニンを還元し、透明感のある肌に導きます。

 

ハイドロキノンはマイクロカプセルに包まれているため、ハイドロキノンが一気に肌に触れることもなく低刺激を実現しています。

 

初めての方向けに7日間分のトライアルセットが1,890円(税込)で用意されています。

 

ラグジュアリーホワイトトライアルキット

 

アンプルールトライアル

・スポット集中美容液

 

・化粧水

 

・薬用美白美容液

 

・美容乳液ゲル

 

・メイク落とし・洗顔料

 

アンプルール

 

 

アスタリフト ホワイト

 

アスタリフトホワイト

 

アスタリフトホワイトのブライトローションとクリームには美白成分アルブチンを、エッセンスインフィルトにはビタミンC誘導体を配合。

 

成分の粒子を肌の基底層まで届くナノレベルにすることに成功しています。

 

今なら先行美容液とUV美容液もあわせた5点セットを5日間試せる美白トライアルキットを1,000円(税抜)で購入できます。

 

アスタリフトホワイト美白トライアルキット

 

アスタリフトトライアル

 

・ジェリーアクアリスタ(先行美容液)

 

・ブライトローション(美白化粧水)

 

・エッセンスインフィルト(美白美容液)

 

・クリーム(美白クリーム)

 

・UV美容液

 

名称

 

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

 

QuSomeホワイトクリーム1.9

 

ハイドロキノン配合の化粧品ですが、長年の研究の結果、ハイドロキノンの低刺激化に成功しており、敏感肌の人も使うことが可能です。

 

どんな成分でも届かなければ効かないのコンセプトのもと、先端テクノロジーであるQusomeでハイドロキノンを非常に小さいカプセルに閉じ込め、肌に届く深さをコントロールし、肌の表面だけでなく、肌の奥のトラブルも解決します。

 

ハイドロキノンだけでなく高濃度ビタミンCも配合し、メラニンを還元し、メラニンの生成も抑えてくれます。

 

初めての方向けにトライアルセットが1,800円(税抜)で用意されています。

 

ビーグレン ホワイトケアトライアルセット

 

ビーグレン

・クレイウォッシュ(洗顔料)

 

・Qusomeローション(化粧水)

 

・Cセラム(美容液)

 

・Qusomeホワイトクリーム(クリーム)

 

・Qusomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)

 

ビーグレン

 

 

サエル

 

サエル

ポーラ・オルビスグループが立ち上げた敏感肌の方向けブランドのディセンシアの化粧品。

 

ディセンシアだけの特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール」が肌表面をラップのように包み、外部刺激から徹底的に肌を守ります。

 

またビタミンC誘導体が黒くなったメラニンを還元しお肌の外に排出します。さらに美白有効成分であるアルブチンと、デイリリー花発酵液、ポーラオリジナル成分を配合し、メラニン黒化の抑制を30%アップさせます。

 

敏感肌向けの基礎化粧品ですので、アルコール不使用、香料不使用、紫外線吸収剤不使用、皮膚科医立ち合いテスト承認済みです。

 

現在、30日間返金保証付きのトライアルセットを試すことができます。

 

サエルトライアルセット

 

サエルトライアル

 

・薬用美白化粧水

 

・薬用美白美容液

 

・薬用美白クリーム

 

通常2,160円(税込)が、1,480円(税込)。

 

サエル

 

 

プラスナノ/HQ

 

プラスナノ

 

ハイドロキノン4%配合の美容クリームで保湿クリームを塗った後の気になる部分に集中的に使います。

 

その他、レスベラトロールやアスタキサンチンも配合し、名前の通りナノテクノロジーを用いて角質層まで集中アプローチします。

 

さすがにハイドロキノン4%配合だけあって、1ヶ月しないうちからコンシーラーを使う量が減ったなどの口コミの声が出ています。

 

プラスナノHQと合わせてビタミンCを取ることのできるプラスピュアVC25とセットで使用すると効果的です。

 

名称

 

 

オバジ HQ ブライトニングナイトセラム

 

オバジ

 

ロート製薬が開発したハイドロキノン配合の夜用の美容液です。不安定なハイドロキノンを安定化させることに成功しています。

 

オバジ独自のナイトコンセントレイション処方で、夜のお手入れの最後に気になるシミの表面に一点集中でつけて、日中に受けた紫外線ダメージを夜に修復します。

 

トライアルセットはなく、10gで9,000円(税抜)となっています。

 

名称

 

 

ホワイトショットCX・SX

 

ホワイトショット

 

ポーラが開発した累計出荷本数572万本突破のクリーム。数多くの雑誌で評価され、累計35誌からベストコスメを受賞しています。

 

肌が本来持つセルフクリア機能とメラニンの過脂化に着目し、ポーラ独自の美容成分を開発して配合しています。

 

またメラノサイトに狙いを定めて美白有効成分を届けるショットデリバリー処方を開発。

 

これによりメラニンの生成を抑え、お肌が自然にきれいになっていくのをじっくり待つことで透明感のある肌を目指します。

 

ホワイトショット

 

 

Wフラーレンオールインワンジェル

 

Wフラーレンオールインワンジェル

今回ご紹介する中で唯一のオールインワンジェルです。最高峰のビタミンC誘導体であるAPPSを配合しています。

 

また活性酸素に強い効果を持つ美容成分であるフラーレンをお肌との親和性を高めるために水溶性、油溶性の2種類配合しています。さらにヒアルロン酸やプラセンタなど、主力成分としても配合される成分を贅沢に配合し、添加物が一切ないというお肌に優しいオールインワンジェルです。

 

100g5,400円の商品を初回だけ3,240円で購入できるキャンペーンを実施中です。

 

名称

 

 

HAKU メラノクール ホワイトソリッド

 

HAKUメラノクールホワイトソリッド

資生堂のシミ対策クリームで、資生堂独自の美白有効成分である4MSKを配合しています。

 

冷蔵庫で冷やして使うソリッド上の美白クリームで、紫外線で火照った肌に過剰にメラニンが増殖するのを防ぎます。

 

肌に乗せるとそのままダイレクトに肌の奥にある角層まで美白有効成分を届けてシミを効果的に抑制します。

 

トライアルセットはなく、1つ10,800円(税込)

 

名称

 

 

メコゾーム ブライトニングフォーミュラ

 

メコゾーム

 

海洋酵素であるマリンプロテインエクストラクトは、古くなったり傷ついた細胞だけを選別して排出するスカベンジ機能を有し、シミ、ニキビ跡、くすみに対応しています。

 

ターンオーバーのサイクルでこれらの細胞を流し、シミを角層まで持ち上げ排出するのがブライトニングフォーミュラです。

 

定期コースでの購入しかできませんが、初回のみでキャンセルできるのと、2回目以降は様々な特典がついて3,600円で購入できます。

 

名称

 

 

シミ取りクリームを使う際の注意点

 

シミ取りクリームを使う際には以下の2つのポイントも意識して行うと継続して効果を実感できます。

 

1.一年中使い続ける

 

まずは1本使ってみて肌トラブルが起きなければ継続して使うようにしましょう。紫外線は1年じゅう降り注いでいるので使い続けなくてはなりません。ただしハイドロキノンなどの漂白作用のある成分を使った化粧品については使いすぎると白斑の恐れも出てくるので、3ヶ月などの期間を決めて集中的に使うようにしましょう。

 

2.角質ケアをあわせておこなう

 

シミができる原因の1つはターンオーバーの乱れによるメラニンの蓄積です。生成されたメラニンを正常に排出するためにも、日ごろのUVケアと角質ケアやマッサージで肌のターンオーバーを正常に保つことが必要です。

 

 

9. シミ取りクリームランキング(ジャンル別ランキング)
(ア) ハイドロキノン
(イ) ビタミンC誘導体
(ウ) トラネキサム酸
(エ) その他独自成分
(オ) オールインワンジェル
(カ) ドラッグストアで買えるプラチラ

 

 

シミ対策に一番効果的なのはハイドロキノン

 

成分のタイプでも説明していますが、今できているシミを薄くしてくれる漂白機能を持つ成分はハイドロキノンとビタミンC誘導体です。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれ、ビタミンC誘導体の10〜100倍の効果があります。

 

ハイドロキノンはその効果が強いために日本では2001年まで医薬品成分として扱われていました。

 

ハイドロキノンは市販のものと皮膚科処方のものがある

 

そんなハイドロキノンは濃度が3%以下であれば副作用が発生せず安全に使用できるため、市販のもののほとんどは1〜2%のものです。また最近では安定型ハイドロキノンも開発されていますので、国内品を正しく使っていれば安全性が保たれていると考えてよいでしょう。

 

3%以上のものですと即効性が高くなる一方で肌への刺激も強くなり白斑のリスクも高まるため、皮膚科で処方してもらう必要があります。皮膚科なら自分の肌に合ったハイドロキノンを処方してもらえるうえ、使用頻度や1回の適正量など正しい使い方がわかるメリットがある一方、ハイドロキノンの処方は保険適用外のため、通常の診療よりも高くつくのがデメリットです。

 

今までの美白化粧品で効果を感じられなかった人は改めてハイドロキノン入りのシミ取りクリームを試してみてはいかがでしょうか。

 

ハイドロキノンの使用方法と注意点

まずはパッチテスト

絆創膏にハイドロキノンを塗って皮膚の薄いところに貼り、24時間放置して肌トラブルが発生しないかを確認して大丈夫そうなら顔に塗るようにしましょう。

 

ハイドロキノンを塗るタイミング

ハイドロキノンを塗るタイミングは化粧水と乳液を塗ったあと。洗顔後は角質層に水分が多く含まれているため浸透しやすく、効果が強くなりすぎるからです。

 

綿棒が効果的

ピンポイントで使うハイドロキノンクリームはシミのないところに使うと白斑を招く可能性があります。指よりも的確に塗ることのできる綿棒がおすすめです。

 

使用期限を守る

ハイドロキノンクリームは酸化しやすいため、開封後は日陰の涼しいところに置き、1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

 

日中の紫外線対策を

ハイドロキノンは紫外線に弱く紫外線に当たると逆にシミを濃くしてしまいます。ハイドロキノンを塗っている時はいつも以上に紫外線対策を忘れずに。

 

 

13. ハイドロキノン配合のシミ取りクリームランキング(市販品)
(ア) ビーグレン
(イ) アンプルール
(ウ) プラスナノHQ
(エ) オバジブライトニングナイトセラム
(オ) シーボディ

 

14. シミ取りクリームランキング(ハイドロキノン以外)
(ア) ビタミンC誘導体
@ アスタリフト(アルブチン)
A ディセンシア
B ホワイティシモ
C シミトリー
D ジェイドブラン

 

(イ) トラネキサム酸
@ リペアクリームホワイト(ロスミン)
A そばかす専用クリーム
B ホワイトリセットブライトニスト
C プレミアムベルエタンセル
D ホワイトエクストラクリーミーモイスチャ

 

(ウ) その他独自成分
@ ポーラ ホワイトショットSX
A エバーピンク ホワイトセラム
B メコゾーム ブライトニングフォーミュラ
C ビューティーモール ダブルフラーレンオールインワンジェル
D デルメッド デルメッド

 

15. オールインワンタイプのシミ取りクリームランキング
@ シズカゲル
A シミウス ホワイトニングリフトケアジェル
B シミトリー 薬用美白オールインワンジェル
C ピュアメイジング 薬用Wオールインワンジェル
D フィス WHITH WHITE

 

ドラッグストアで買えるプチプラのシミ取りクリームの紹介

 

ケシミンクリーム(小林製薬)

 

ケシミンクリーム

小林製薬のシミ対策クリームで、ビタミンC誘導体が集中的に角質層のすみずみまで浸透してメラニンの生成を抑えます。

 

新陳代謝が活発になる就寝前に使うと効果的です。

 

気になる部分にだけでなく、顔全体にも塗ることができます。

 

30g/1,800円

 

 

キュレル美白クリーム(花王)

 

キュレル

感想性敏感肌をお持ちの方向けの花王の医薬部外品である美白クリームです。

 

植物由来の美白有効成分であるカモミラETがメラニンの生成を抑えて、シミ、ソバカスを防ぎます。

 

アレルギーテスト済みで、乾燥性敏感肌の方のパッチテストが済んでいます。

 

40g/2,800円(@コスメ参考価格)

 

 

肌研白潤 薬用美白クリーム(ロート製薬)

 

白潤

ロート製薬のシミ対策クリームで、ビタミンC誘導体とアルブチン、ヒアルロン酸を配合した医薬部外品です。

 

みずみずしくてよく伸びる、ジェル状のクリームです。

 

50g/1,170円(アマゾン参考価格)

 

 

メラノCC薬用 シミ集中対策 美容液(ロート製薬)

 

メラノCC

美白有効成分である活性型ビタミンC配合の薬用美白美容液です。

 

ロート製薬が独自に開発した浸透処方で、美白有効成分を角質層の奥まで浸透させます。

 

しみ・そばかすを防ぐだけでなく、ニキビ予防やニキビ跡が気になる肌にもしっかり働きかけます。

 

20ml/1,180円

 

 

 

16. ドラッグストアで買えるプラチラ
@ ケシミンクリーム
A キュレル 美白クリーム
B プラセホワイター薬用美白エッセンスクリーム
C 肌ラボ 白潤
D パーフェクトエッセンスシルキーホワイト

 

 

最強のシミ取りクリーム(個人輸入)

シミ取りクリームの中でも強力な効果を持つゆえ、日本では市販されていない商品をご紹介します。良いと思ったら皮膚科や美容クリニックなどで処方してもらうとよいでしょう。

 

ルキシミル

ルミキシルはスタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された新成分「Lumixylペプチド」を配合したクリームです。

 

Lumixylペプチドはアミノ酸の一種で、シミのもととなるメラニンを作るチロシナーゼの働きを阻害します。

 

Lumixylペプチドを使った臨床試験では、先に紹介したハイドロキノンよりも効果が抜群に高いだけでなく敏感肌でも使用できるなど、ハイドロキノンの使用を制限するデメリットをカバーすることが判明しているため、それを配合したコスメであるルミキシルは非常に注目され医療現場でも利用されています。

 

ルミキシルの詳細およびハイドロキノンと比べて優れている点、使い方などは別ページでまとめていますので【こちらからご覧ください。】

 

トレチノイン

トレチノインはビタミンA誘導体の一種でお肌に効果があるビタミンAの約100〜300倍の活性力があります。皮膚のターンオーバーを強力に促進する作用、皮脂が過剰に分泌されるのを抑制する作用、肌内部でコラーゲンやヒアルロン酸を増やす作用の3つがあります。

 

トレチノインはハイドロキノンと併用すると相乗効果が高いことで知られています。効果が高いので副作用が心配すが、体内にも存在する成分ですので安全性については問題がありません。

 

個人差はあるものの、肌に塗った数日後から肌表面の角質がはがれるスピードが上がっていきシミやシワが改善していきます。脂性肌やニキビ肌にも有効です。一度に大量に使うと逆効果になるため注意が必要です。

 

コラム:シミを消すなら馬油?

シミ取りに馬油が良いと聞いたことありませんか?

 

馬油は人の皮脂に最も近い天然の油脂で、人の肌との相性も良く角質層まで浸透し肌の健康状態を良好に維持してくれます。

 

馬油には不飽和脂肪酸が豊富に含まれているため、肌のバリア機能を高めてくれます。また肌の新陳代謝を促進してくれるため肌のターンオーバーの周期を元に戻し、シミを排出しやすくします。

 

ただし保湿効果が高いので乾燥肌の方にはおすすめですが脂性肌の方にはおすすめできません。

 

 

その他の美白対策

 

シミ取りにはクリーム以外にも方法はあります。こちらで簡単に紹介していきます。

 

美容医療(レーザー)

現在のレーザー治療の主流はレーザートーニングといって、非常に弱い照射でメラニンを破壊します。レーザートーニングは今までのレーザー治療では難しいとされていた肝斑や色素沈着(シミ)も治療できるようになりました。

 

回数を重ねると美白効果だけでなくさらに毛穴の引き締めや小じわの改善、リフトアップ効果も期待できます。また皮膚の深部(真皮上層)にまでレーザーが届くためコラーゲン生成を促進しハリのある肌になっていきます。

 

治療時間は1回あたり5〜30分、1〜2週間に1度のペースで5〜10回通います。保険外診療(自費治療)のため価格はクリニックによって8,000〜30,000円と大きく差が出るので、いくつかチェックしてご自身に合ったところで受けるとよいでしょう。

 

トラネキサム酸を配合した内服薬と併用すると効果的です。

 

おすすめは品川美容外科
全国に42の美容外科と25のスキンクリニックがあり、レーザートーニングは初回2,800円(頬のみ)。その他のレーザー機器も充実していますので、まずはカウンセリングを受けてご自身のシミならどのような治療内容がおすすめかを確認してみるのが良いでしょう。

 

食事

食習慣を改善することによってもシミ対策を行うことができます。

 

美白効果、抗酸化作用のある成分を含む食材を意識して食べることにより肌質の改善を図れます。

 

βカロテイン

体内で必要に応じてビタミンAに変換されます。メラニンの沈着を抑えるだけでなく皮膚の新陳代謝を高め、肌の生まれ変わりを促進し、シミ、しわの改善に役立ちます。
にんじん、パセリ、しそ、ほうれん草、にら、かぼちゃなど

 

ビタミンC

メラニンのもとであるチロシナーゼの働きを抑制します。
アセロラ、キウイ、柿、ゆず、パセリ、ゴーヤなど

 

ビタミンE

肌のターンオーバーを促進するため、シミの排出に役立ちます。血の流れもよくして、血色の良い美しい肌にもしてくれます。
うなぎの蒲焼、ナッツ類、カボチャ、ほうれん草など

 

セラミド

肌を紫外線などの外部刺激から守り、メラニンの生成も抑制してくれます。保湿効果も期待できますので乾燥肌の人にもおすすめの成分です。
大豆、黒豆、こんにゃく、牛乳、ブロッコリーなど

 

L-システイン

新陳代謝を促し、シミの原因となるメラニンの生成を抑制、角質に沈着したメラニンの排出もサポートします。メチオニンを摂取することにより体内で合成されます。
牛肉、豚肉、鶏肉、マグロ、豆腐、しらす、牛乳、チーズなど

 

エラグ酸

メラニンの生成を抑え、肌の抵抗力を高めるのに役立ちます。
ザクロ、いちご、ブルーベリー、アサイー、ラズベリーなど。

 

シミの対策ができる成分やそれを含む食品は多岐にわたるため、毎日少しずつでも食事に取り入れてシミを薄くできるといいですね。

 

サプリメントと医薬品(内服薬)

シミはサプリや内服薬によっても薄くすることができます。食事で十分にとれない栄養素をこれらサプリや内服薬でカバーしましょう。

 

サプリで取り込みたい栄養素
  • L-システイン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス
  • ビタミンC

 

これら栄養素を含むシミ対策のサプリ・医薬品を以下に3つほどご紹介いたします。

 

ロスミンローヤル

ロスミンローヤル

できてしまったシミ・そばかすを薄くするだけでなく、小じわや肌荒れも緩和する医薬品です。

 

9種類の生薬と22種類の有効成分の力で表面化する前のシミや小ジワに体の内側から働きかけます。

 

国内でシミだけでなく小じわにも効くのが認められているのはロスミンローヤルだけです。

 

ロスミンローヤルはさらに血液の流れも改善し、肩こりや冷え性、腰痛など女性特有の症状にも効果が期待できます。

 

ロスミンローヤルは第三類医薬品ですが、ネット通販で購入できます。

 

1箱30日分の定価が7,600円ですが、公式サイトで購入すると初回1箱だけ1,900円(送料別)で買えるだけでなく、定期コースを選択すると2回目以降は5,800円で購入できます。

 

また3ヶ月分と6ヶ月分のおまとめコースを選択すると@コスメの口コミランキングで1位、このページのランキングでも10位を獲得しているロスミンリペアクリームがもらえます。

 

ロスミンローヤル

 

 

キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラスは第三類医薬品として、シミやそばかす、色素沈着に飲んで効く薬です。

 

「プラス」となり従来品よりL-システインの量が50%プラスされ、承認基準の最大量240mgとなりました。

 

その他従来から配合されているアスコルビン酸に加え、パントテン酸カルシウムなどシミに効く有効成分を追加配合しています。

 

シミを防ぐ、抑える、出す、促すの4つの「効く」でシミを徹底的に取り除きます。

 

シミ以外にもにきび、湿疹、じんましん、かぶれ、全身倦怠、二日酔いにも効果があります。

 

キミエホワイトプラスはリニューアルによりお客様の声を取り入れ、糖分を少なくしたほか、1回1錠で飲みやすくしています。

 

通常価格は4,200円ですが、メーカー公式サイトから初めて購入する人は1,900円(2回目以降は4,200円)で購入できます。

 

キミエホワイトプラス

 

 

ホワイピュア

ホワイピュア

ホワイピュアはL-システイン240mg、ビタミンB2、B6、C、Eを配合したシミやそばかすに飲んで効く医薬品です。

 

シミやそばかすの原因を抑制するだけでなく、肌の新陳代謝を進め、ターンオーバーのリズムを整え、発生したメラニンを肌にとどめることなく排出していくサポートをします。

 

VOCEをはじめとする各種雑誌やWebメディアだけでなくテレビ番組でも紹介されています。

 

ホワイピュアは1ヶ月分5,800円ですが、現在初めての方限定で50%OFF、送料無料の2,900円で購入できるキャンペーンを実施しています。

 

さらにranKing/ranQueenで1位も獲得したホワイピュア薬用美白クリームを1本無料でもらえます。

 

ホワイピュアは定期コースでのみ申し込み可能ですが、定期コースは1回からキャンセル可能です。

 

ホワイトピュア

 

 

UVケア

 

正しいUVケアの方法

 

紫外線は季節に関係なく1年中降り注いでおり、室内にもガラスを突き抜けて到達します。そのため日中は屋内にいても紫外線対策を心がけることが必要です。

 

効果的なUVケアはパウダリーファンデーション。UV効果のある乳液やクリームを塗った後にパウダリーファンデーションを行うとよいでしょう。

 

使用する日焼け止めはたっぷり塗り、2〜3時間を目安に塗りなおしましょう。顔だけでなく、手や耳、首から胸元、背中と日光にさらされる部分へも塗ることも忘れずに。

 

また日焼けで皮膚が赤くなった場合には一種の火傷になっていますので、氷水などで冷やすのが必要です。

 

正しい日焼け止めの選び方

 

日焼け止めを選ぶにあたり、SPFとPAという表示をよく見かけますよね。

 

SPF:日焼けや肌に赤みをもたらす紫外線UVBをどれだけ防げるかの指標。SPF1〜50まであり、数値が大きくなるほど紫外線のブロック効果が高いです。

 

PA:肌の真皮にまで届き黒くする紫外線UVAを防ぐ指標。PA+からPA++++まで4段階で強度を表します。

 

一方でそれらの数値が高ければ高いほど肌への負担も大きくなります。

 

ちょっと出かける程度であればそれぞれ低い指標の日焼け止めを、比較的長時間外出する場合には高い指標の日焼け止めを、というように、シチュエーションに応じて日焼け止めを使い分けるようにしましょう。

 

 

19.シミ取りクリームランキングまとめ

 

 

 

 

 

シミ改善のための正しいスキンケア方法

 

シミは1日やそこらでできないのと同じで、改善するのも短期間でできるものではありません。

 

また改善して終わりではなくそれを放置するとまたシミができてしまうことからそれを維持する必要もあります。

 

ここからはシミ改善のための正しいスキンケア方法として3つのポイントをご紹介します。

 

1.正しいスキンケアの順序

 

シミを取り除き、シミを作らない肌にするためには、良いクリームを使うだけでなく、それを最大限に発揮できるような日ごろのスキンケアが必要になってきます。

 

ここで今一度正しいスキンケアの順序について学んでいきましょう。

 

1−1.クレンジング

 

ごしごしこすると角層が傷つき肌荒れを招きます。優しくこするようにしましょう。

 

クレンジング料はケチらずたっぷり使ってメイクを落としましょう。

 

メイクオフは短時間でさっと行いましょう。

 

熱湯は肌への負担になり、冷水は汚れが落ちにくいため、ぬるま湯で落とすようにしましょう。

 

1−2.洗顔

 

しっかり泡立てて洗うようにしましょう。

 

泡で汚れを浮き立てて落とす気持ちでごしごし洗わない。

 

しっかりすすぎ洗い残しを作らない

 

時間をかけずにさっと洗い流す。

 

肌に負担をかけるので冷水を仕上げに使わない。

 

1−3.化粧水

 

手で押さえつけるようになじませるようにつけます。パンパンたたいたり、何度も重ね塗りする必要はありません。

 

コットンを使う場合は肌の上をやさしく滑らせるように。

 

1−4.美容液

 

たっぷり使って顔全体にマッサージするように塗りましょう。

 

2種類以上を使うときは、水っぽいものから油分の多いものという順番に使う。

 

Tゾーンなどてかりがちな部分には脂分の多い美容液は使わない。

 

1−5.乳液

 

肌への摩擦を避けるため強くこすらず優しくなじませる。

 

テカリが気になるようならTゾーンにはあまり塗らない。

 

1−6.クリーム

 

皮脂腺の少ない目元や口元にピンポイントに適量を塗る。

 

他の部分に広がらないようにやさしくたたくようにしてなじませる。

 

1−7.UVケア

 

適量を手に取って、顔全体に均一に塗るようにしましょう。

 

頬骨周辺は特にシミができやすいので重ね付けをしましょう。

 

より確実に紫外線をカットするためにパウダーファンデーションを塗りましょう。

 

 

2.美白化粧品は1年中使い、顔全体に塗る

 

美白化粧品は肌がくすんできてから、シミができてきてから使うものではありません。つまり夏になったら、日焼けしたから使うものではありません。

 

外出すれば1年中いつでも紫外線を浴びているため、肌内部のメラニンは常に活動を続けています。

 

本来であれば美白ケアの基本はシミを作らないように事前に行うものです。

 

美白化粧品といっても、化粧水から始まってクリーム、マスクに至るまでたくさんあって、正直手間がかかると思うかもしれません。

 

いきなりすべてを取り入れるよりも、美容液など使いやすいものから取り組んでいくのが良いでしょう。

 

価格帯の高いものを無理して買って短期間しか使わないよりも1年中使うつもりで自分が買える範囲のものを買うのが良いでしょう。

 

 

3.ピーリングでメラニン排出を加速させる

 

美白ケアにピーリングを加えることで、より効果を高められます。美白ケアはお肌にメラニンを作らせないような働きをする一方で、ピーリングはお肌のターンオーバーを促進する働きをするからです。

 

またピーリングを行うことで古い角質が取り除かれ、美白成分がしっかり浸透するようになるという効果もあります。

 

 

 9-3.UVケアとピーリングを行う
9-3-1.正しい日焼け止めクリームの選び方
9-3-2.飲む日焼け止め
  9-3-3.ピーリング
 9-4.美顔器を利用する

 

 

シミ取りクリームランキングまとめ

 

シミ取りクリームランキングはいかがでしたか?

 

ハイドロキノン入りのクリームが一番おすすめで、ビーグレンであれば敏感肌の人でも安心して使用できるはずです。

 

そのためまずはビーグレンをお試しで試して調子が良ければ継続して利用するのが良いかもしれませんね。