ハイドロキノンを皮膚科でもらう際の料金、種類と効果も

MENU

ハイドロキノンの皮膚科での料金は?その種類と効果も一緒に解説

 

ハイドロキノンは市販のものもありますが、皮膚科でも処方してもらえます。

 

ハイドロキノンを皮膚科で処方してもらう際には保険適用外の料金になり、各皮膚科が自由に決められるため一概にいくらということが言えません。

 

ちなみにインターネット上で各皮膚科が提示しているハイドロキノンクリームの料金は濃度については書かれていても量について触れていないため、どのくらいの量でその金額なのかがわかりません。

 

またシミや肌の質は人それぞれですので、皮膚科を受診してからでないと処方されるハイドロキノンの濃度も決まらないし、より効果的にシミを消すためにトレチノインの処方もすすめられるかもしれません。

 

そのためハイドロキノンの皮膚科お料金を知りたい場合には、直接皮膚科に受診するのが良いでしょう。

 

おおよその目安を知りたい方はご自身が行きたいと考えている皮膚科に連絡して確認してみてください。

 

 

ハイドロキノンの効果について解説

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれるくらい、シミを消す力が認められています。

 

ハイドロキノンが登場するまでは、ビタミンC誘導体、アルブチン、カモミラETなどが10年以上も使われていましたが、ハイドロキノンはその中でも一番効果があるビタミンC誘導体の10〜100倍の効果があるといわれています。

 

今まではその効果の強さゆえ、肌への刺激も強すぎて敏感肌の人には到底使えないものでした。しかし近年その刺激も和らげるような技術も開発され、敏感肌の女性でも使えるハイドロキノンクリームが販売されています。

 

 

ハイドロキノンの効果が出るまでの期間は?

 

ハイドロキノンを使って効果を感じるのは使う濃度によっても異なりますが、早くて1ヶ月、普通であれば3ヶ月程度です。

 

ただしハイドロキノンはその効果の強さゆえ副作用の恐れもあるので、3ヶ月使ったら1ヶ月の休止期間を置くようにしましょう。

 

 

 

シミ取りクリームランキングへ