加齢によるシミその原因と対処法をまとめて紹介

 

歳をとってくると顔にできてくるシミが気になりますよね。加齢により出てくるシミを取るには様々な方法があります。こちらでは加齢によりできるシミとその原因、そして自宅でできる簡単なシミ取りケアから皮膚科などで実施するシミ取り治療についてご紹介していきます。

 

 

加齢によるシミ

シミにはいくつか種類がありますが、その中で加齢によるシミは老人性色素斑(別名:日光性色素斑)といい、シミの代表格です。

 

大きさは5mm〜1cm程度で、大きいものだと2cm以上にもなります。色は薄茶色から濃茶色です。

 

シミの境界がはっきりしており、シミが進行すると隆起して脂漏性角化症という老人性いぼ(良性腫瘍)になりレーザーでしか除去できません。

 

加齢によるシミは顔だけでなく手やデコルテなど肌を露出する部分にでき、時間とともに濃くなっていくのが特徴です。

 

老人性色素斑は通常であれば40歳あたりから、早い人では20代から出てきます。

 

加齢によらないシミに肝斑がありますが、これは目の下から頬あたりに左右対称にできます。主に女性ホルモンが原因で出産後の30代~40代に出現します。

 

 

加齢によるシミの原因

お肌は紫外線を浴びると肌の奥にあるメラノサイトがメラニンを生成します。生成されたメラニンは一定周期で肌の表面に送り出され、古くなった角質とともに外に排出されます。

 

加齢によるシミの代表的な原因は紫外線です。

 

大量の紫外線を浴びてメラニンが大量発生したものの皮膚の新陳代謝が追い付かなくなった結果、もしくは加齢により肌のターンオーバーの周期が長くなった結果、メラニンが肌内部に蓄積されてシミになります。

 

またこれらの原因が肌を乾燥させ、紫外線ダメージを肌に受け肌が老化(=光老化)しやすくなります。さらにこれらが相互に関連してシミが増えていくのです。

 

紫外線以外にもシミの原因はいくつかありますので、紫外線も含め下にまとめてみました。

 

  • 紫外線によるメラニン色素の生成の活性化
  • 加齢による皮膚細胞の再生・修復力・新陳代謝の低下
  • 睡眠不足・ストレス・疲労などの心的要因
  • 喫煙などによるビタミンCの不足
  • ホルモンバランス、自立神経の乱れ など

 

 

加齢によるシミを消す方法(自宅編)

 

ここからは加齢によるシミを自宅で消す方法をご紹介していきます。

 

自宅でできるシミケアについては、初期のシミを薄くしたり、将来できるシミをできないようにしたりするのを目的にします。

 

シミ取り・シミ改善

 

美白化粧品を使う

美白をうたう化粧品は数多く販売されていますが、なかでもハイドロキノンを配合する化粧品が市販のコスメで最も効果があります。

 

ハイドロキノンは、かつては不安定で刺激も強いので敏感肌の女性には不向きでしたが、最近では安定型で肌への刺激が弱いものも登場しているので、敏感肌の方でも試してみる価値はあります。

 

その他にも美白の定番としてビタミンC誘導体やアルブチンなどが入っている化粧品を使うと効果が期待できます。

 

トライアルセットでお肌に合うか確認した後で、まずは3ヶ月をめどに継続して使用してみるのが良いでしょう。

 

シミ取りクリームランキングを今すぐ見てみる

 

マッサージやパックをする

美白化粧品を使う場合は、新陳代謝を促してメラニンを排出させるためにも軽めのマッサージを行い、また定期的なパックで保湿と角質ケアを行うように心がけましょう。

 

食べ物やサプリで肌質改善

美白効果の高い栄養素を含む食材を日々の食事に入れましょう。こちらでは代表的な栄養素とその栄養素を多く含む食品をピックアップしました。

 

ビタミンA

鶏レバー、うなぎ、モロヘイヤ、にんじん、春菊、ほうれんそう、とうみょう、西洋カボチャ、大根の葉など

 

ビタミンC

赤パプリカ、黄パプリカ、菜の花、ブロッコリー、かぶの葉、カリフラワー、とうみょう、ゴーヤ、ピーマンなど

 

シミ予防

紫外線対策

紫外線は在宅時でも窓を通過して室内に届いています。そのため日中は外出時だけでなく在宅時にも日焼け止めをしっかり塗る習慣をつけるようにしましょう。

 

洗顔はゴシゴシ洗わない。

洗顔では顔をこすらず、30℃程度のぬるま湯にてソフトタッチで行い、ポイントメイクは専用のリムーバーを使う。

 

質の良い睡眠

肌が日中に受けたダメージは睡眠時に行われます。質の良い睡眠を取るとお肌のターンオーバーを促進しシミができるのを防げます。

 

精神的ストレスを避ける

現代社会で精神的ストレスを受けていない人はいないでしょう。友達と外出したり、自宅に帰ってから好きな音楽を聴いたり、ぬるめのお湯にゆっくり入ったりしてストレスを発散するようにしましょう。

 

自然療法というシミ取り方法について

このほかに化粧品には頼らない自然療法とうたっているスキンケア方法があります。レモン汁、アロエベラの樹液、プレーンヨーグルト、玉ねぎの汁、ひまし油といったものを顔に塗るようですが、これらの方法はしっかりした根拠がなく、効果がないだけならまだよいのですが、人によってはお肌に逆効果になる可能性もあるため、試さないほうが無難でしょう。

 

 

加齢によるシミを消す方法(皮膚科編)

 

濃く定着してしまったシミについては皮膚科に相談されることをおすすめします。

 

なお加齢により発生したシミは健康保険が適用されません。

 

皮膚科で受けられる治療は、レーザー治療、光治療(フォトフェイシャル)、イオン導入、ケミカルピーリング、塗り薬、内服薬の6つです。

 

レーザー治療

レーザーを使って根深いメラニン色素細胞を破壊して取り除く、即効性の高い方法です。

 

レーザーを当てた部分はかさぶたとなり、7〜10日程度で治ります。レーザー治療の後は新しい皮膚ができるまで絆創膏で保護します。

 

またシミ取りの後は肌が無防備な状態になっているため、日焼け止めをしっかりするなどアフターフォローをしないとかえって色素沈着が進む場合があるので注意が必要です。

 

短い時間で高いエネルギーを放出でき健康な肌へのダメージを最小限に抑えられるQスイッチYAGレーザーを導入しているクリニックが多いようです。

 

最近ではシミ除去に加え、くすみや毛穴の改善もできるレーザートーニングを導入するクリニックが増えてきています。

 

光治療(フォトフェイシャル)

光治療は強い光を瞬間的に皮膚に照射する治療方法です。レーザー治療よりシミ取り効果が薄い分広い範囲に商社ができますが、シミを消すのに4~8回程度通院する必要があります。

 

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは美容皮膚科や美容形成外科だけでなく、エステサロンでも実施するところが増えてきました。

 

レーザー治療を施すほどでもない薄いシミに対して実施します。ケミカルピーリングは新陳代謝を遅らせる原因となっている古い角質を取り除くもので、シミだけでなくシワ、たるみ、ニキビ跡にも幅広く対応します。

 

塗り薬

病院では市販のものよりも濃度の高いクリームの処方が可能です。一般的にはハイドロキノンクリームを処方してさらに効果を高めるためにトレチノインクリームも同時処方する場合もあります。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれるほどメラニンを薄くする成分で、将来できるシミもできにくくする効果があります。

 

一方トレチノインは肌のターンオーバーを強力に促進する効果があり、シミだけでなくにきびやしわの改善も可能です。

 

クリニックによってはルミキシルという、ハイドロキノンより低刺激なのにもかかわらずハイドロキノンの17倍もの効果をもつクリームを処方してくれるところもあるようです。

 

薬での治療

外用薬だけでなく、内服薬も使用することでカラダの内側からもシミ取りを効果的に行います。加齢によるシミ取りにはL-システイン入りの内服薬が有効です。

 

 

加齢によるシミ治療まとめ

 

いかがでしたでしょうか?加齢によるシミは発生するものですが、今すぐ対策しないとシミはますます濃くなっていきます。

 

コチラでご紹介したシミ取り方法を参考に、シミ対策を実行してみてくださいね。

 

 

シミ取りクリームランキングへ