口周りのシミや黒ずみは危険?その原因と消す方法を徹底解説

 

口周りのシミ

 

口周りのシミや黒ずみはヒゲみたいと感じる人も多くてなんとかして消したいですよね。こちらでは口周りのシミや黒ずみの原因とそれらを消す方法などを解説していきます。

 

 

口周りのシミや黒ずみの原因

 

口周りのシミや黒ずみにはいくつか原因が考えられます。そのためシミを消す一方でそれらの原因を防がなくてはなりません。

 

紫外線

 

顔全体に日焼け止めを塗れていても、口周りだけはおろそかになっていることも多いです。また口周りは皮膚も薄いため、口周りだけ紫外線を多く吸収して、シミになっている可能性があります。

 

乾燥

 

日焼け止めと同様、化粧品も万全に塗れていない可能性があります。そのため保湿がしっかりできず、乾燥がターンオーバーのペースを遅らせ、古い角質が肌に留まることもあいまって、メラニンが蓄積してシミとなってしまいます。口の周りをなめるたり、コンシーラーを使用するのも乾燥を促進する一因です。

 

摩擦や刺激

 

口周りは実際に産毛も目立つので、毛抜きやカミソリで剃るなど産毛の自己処理をする人もいますが、それらは肌を過剰に刺激しメラニンを多く作るためシミとなってしまいます。

 

ホルモンバランス

 

口周りに左右対称にシミができている場合は肝斑の可能性があります。肝斑はホルモンバランスの乱れにより発生するシミで、妊娠中や出産後、ピルの服用などが影響しています。一般的には目の下から頬にかけてできるものです。

 

ビタミン不足

 

ビタミンが不足していると肌が刺激を受けシミができやすくなります。

 

 

ターンオーバーについて

 

皮膚は常に新陳代謝が行われており、肌の奥底(基底層)で発生した細胞はターンオーバーにより肌の表面まで持ち上げられて垢となってはがれ落ちます。通常であれば基底層にあるメラノサイトで作られたメラニンも肌表面まで持ち上げられ他の角質とともに排出されるためシミにはなりません。

 

ターンオーバー

 

シミはそもそもメラニンが過剰に生成されるかもしくはターンオーバーの遅れによって処理しきれないメラニンが肌内にとどまってできるもので、上記6つの原因はいずれもメラニンの過剰生成もしくはターンオーバーの遅れのいずれかに当てはまります。

 

20代であれば肌のターンオーバーが28日であるのに対し40代になるとおよそ55日になります。若いうちであればメラニンが多くできてもすぐにはシミが表面化しないものの、歳をとってもスキンケアの方法が変わらなければメラニンができる量も変わらないため、次第にシミができやすくなっていくのです。

 

そのためシミを消すだけでなく、シミができにくい肌に変えていくのも同時に進めていかなくてはなりません。

 

 

口の周りのシミを消す方法

 

笑顔の女性

 

口周りにできたシミを消すためには、シミを直接還元(元の肌色に戻す)するかターンオーバーの周期を正常化させる必要があります。

 

できてから長期間経過して定着してしまっているシミは美容皮膚科のレーザー治療で取り除くしかありませんが、できて間もないものであれば、以下にお伝えする方法でシミを薄くし、消していけます。

 

シミや黒ずみを消す成分

 

紫外線によりできたシミや黒ずみを消すにはハイドロキノンやビタミンC誘導体などを配合した美白化粧品を使うのが手っ取り早いです。これらの成分はシミに直接アタックし元の肌色に戻します。

 

おすすめの市販されている美白化粧品を3つご紹介します。

 

より高い効果と即効性求めるのであれば、皮膚科や美容皮膚科でハイドロキノンとトレチノインのクリームを処方してもらうとよいでしょう。

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレン

ビーグレン独自のQuSome技術でハイドロキノンを極小カプセル化。

 

表面を刺激することなく肌内部に浸透し、シミの原因となるメラニンを持続的にアタックしてシミを薄くしていきます。敏感肌の女性にも使えるコスメです。

 

>>ビーグレンの詳しい内容はコチラ

 

 

アンプルール

アンプルール

スポット集中美容液と薬用美白美容液の2本でシミとくすみを改善します。

 

スポット集中美容液には新安定型ハイドロキノンを配合。夜に使用しシミを集中的にケアします。薬用美白美容液にはビタミンC誘導体とアルブチンを配合。朝に使用し、顔全体のくすみを薄くしていきます。

 

>>アンプルールの詳しい内容はコチラ

 

 

サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

サエル

ポーラが敏感肌の女性向けに立ち上げたディセンシアの1ブランドで、ハイドロキノンでは肌荒れが起こるという方にまず試してほしい化粧品です。

 

美白成分であるビタミンC誘導体とグリチルリチン酸2Kを配合しているだけでなく、シミを作らせない黒くしないダブルメラノブロッカー処方で、メラニンを作らせず肌を黒くしない予防効果もあります。

 

>>サエルの詳しい内容はコチラ

 

 

 

 

上記の他、尿素、グリチルリチン酸K2、トラネキサム酸、カモミラET、大豆イソフラボンなどを配合している化粧品を探して使ってみるとよいでしょう。

 

 

>>シミ取りクリームについてはこちらで詳しく解説しています。

 

 

保湿

 

保湿におすすめの成分はプラセンタ、ワセリン、セラミドです。

 

プラセンタ

プラセンタには成長因子が含まれており、細胞を活性化させてターンオーバーを促進し、シミや黒ずみを肌表面に送り出す役割も果たします。また水分を維持するコラーゲンを作りだすことができます。

 

シミウス

シミウス

シミウスは医薬部外品のオールインワンジェルで、保湿と美白に特化した化粧品です。

 

プラセンタエキスを配合しメラニンの生成を抑制するだけでなく、マッサージも導入することでターンオーバーを促進し、今あるシミを薄くする効果もあります。

 

>>シミウスの詳しい内容はコチラ

 

セラミド

セラミドはメラニンの生成を抑制し、肌に水分を蓄えて刺激や細菌を防ぐバリア機能に優れています。肌内部の角質層に多く含まれています。セラミドは20代を過ぎると徐々に減少し、40歳になると20歳のころの半分にもなってしまいます。

 

米肌

米肌

コーセーが販売している化粧品で、セラミドを作るライスパワーNo.11が配合されています。

 

シミだけでなく毛穴や乾燥、くすみで悩んでいる方にもおすすめです。低刺激処方で敏感肌の女性でも手が出しやすい化粧品です。

 

>>米肌の詳しい内容はコチラ

 

 

ワセリン

ワセリンは使用感がべたつきやすいので脂性肌の女性には不向きなのと、ワセリン自体に水分を保持する力がないため、プラセンタやセラミドと比べておすすめできません。
コチラでは紹介していないクリームについて

 

他サイトで紹介されているハーバルラビットやホスピピュアを当サイトでは紹介していません。

 

その理由はホスピピュアは乳首の黒ずみ用のクリーム、ハーバルラビットはデリケートゾーン用のクリームですので、口周りにできたシミ用に作られているものではないためです。

 

くれぐれも顔以外の黒ずみを消すために作られたクリームを手に入れることのないようにしてください。

 

 

内服薬

 

「塗って外側から」でなく、「飲んで内側から」シミを治す方法もあります。

 

ホルモンバランスの乱れにより発生する肝斑はトラネキサム酸入りの内服薬が有効で、その他のシミにはL-システイン配合の内服薬が有効です。

 

ホワイピュア

ホワイピュア

ビタミンC1,000mg、L-システイン240mg配合している第3類医薬品。

 

同類の内服薬には「ロスミンローヤル」や「キミエホワイト」がありますが、どちらもビタミンCとL-システインの配合量を示していないため、どのくらいの効果があるかわかりません。
ランキンランキンで売上1位を取得したことのある薬用美白クリームも無料でプレゼントされますので、同時に使うと効果をより高く感じるでしょう。

 

>>ホワイピュアの詳しい内容はコチラ

 

 

その他、エスエス製薬のハイチオールCプルミエールや第一三共製薬のトランシーノホワイトC、チョコラBBルーセントCがありますが、ホワイピュアが成分・価格とも一番コスパが良い内服薬です。

 

 

皮膚科での治療

 

長年放置していたシミに対しては皮膚科や美容皮膚科に診てもらうようにしましょう。

 

こちらではケミカルピーリング、レーザー治療、レーザートーニング、イオン導入をご紹介します。

 

ケミカルピーリング

 

肌に化学薬品を塗り、長年蓄積した角層をはがす治療法で、角層をはがすことで正常なターンオーバーを促す効果があります。しみだけでなく、そばかすやにきび、しわ、毛穴の開きにも効果を発揮します。

 

レーザー治療

 

ピンポイントでできた根深いシミを取り除きます。ただしシミ治療をした後は徹底的に紫外線対策をしないと再びシミができてしまうのでその点注意です。

 

レーザートーニング

 

今までのレーザー治療はホルモンバランスの乱れによりできた肝斑は対象外でしたが、レーザートーニングの誕生によって肝斑でも治療できるようになりました。

 

イオン導入

 

エレクトロポレーションとも言い、微弱電流を使い肌のバリア機能を一時的に弱めることで、通常では浸透しにくいビタミンC誘導体やトラネキサム酸などのシミ改善成分を効率的に皮膚に浸透させるものです。

 

 

シミ予防

 

年々増えてくるシミをできるだけ予防するために、以下の4点について注意してみましょう。

 

紫外線対策

 

紫外線は夏場だけでなく1年中曇りの日も降り注いでいます。また屋内にもガラスを突き抜けて届いていますので、基本的には起きている間は日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

紫外線にはUVAとUVBがあり、それらを防ぐしようとしてPAとSPFがあります。しかし日焼け止め自体も肌への負担が大きいので、日差しが強かったり長時間外出する場合には効果が高いものをつけ、曇りの日や冬場では効果が弱いものを使うなど、シチュエーションに応じて使い分けるようにしましょう。

 

また日焼け止めは朝に一度塗ればいいのではなく、2〜3時間に一度は塗り直しをするようにしましょう。

 

 

睡眠

 

お肌のターンオーバーは就寝中が最も活発に行われます。質の良い睡眠を取るためにも、寝る直前は部屋の明るさを落とす、寝る直前までPCやスマホを見ない、ぬるめのお湯にゆったりつかり体温を上げるなどするようにしましょう。

 

 

栄養摂取

 

シミ防止に効果があるのはビタミンCとビタミンEです。

 

ビタミンCはメラニンの生成を抑止してシミをできにくくします。またビタミンEは抗酸化作用を持ちメラニンの生成を抑えるだけでなく血行を良くしてくれます。さらにビタミンEがあることによってビタミンCの効果が高まるため、できればビタミンCとビタミンEを一緒に継続的にとるようにしましょう。

 

 

禁煙

 

喫煙をするとビタミンCが消費されて肌への栄養が少なくなってしまいます。血行も悪くなることもターンオーバーを遅くさせる要因となりますので、タバコを吸う量を減らすだけでなく、禁煙まで考えてみてもよいでしょう。

 

 

口周りのシミを消す方法まとめ

 

いかがでしたか?口周りのシミの原因には様々あり、シミを消す方法も様々です。ご自身が一番合いそうな方法を見つけ、ひとまず半年から1年、じっくり直していくのが良いのではないでしょうか?

 

 

シミ取りクリームランキングへ