唇のシミを消す方法にはいくつかあります

MENU

唇のシミを消す方法〜気になるシミはこうして治そう!

 

唇にできたシミ

 

唇にできたシミってすごい目立つし、気になりますよね。特に彼氏や友人と話しているとき目線が唇に行くと気になって仕方ありません。

 

唇のシミを消したい!

唇にできたシミってどうやって消すの?

 

唇のシミが気になる方に唇のシミを自宅で消す方法をはじめ、皮膚科で行うレーザー治療についても紹介していきます。ホホバオイルについても触れています。

 

まずは唇にシミができる原因からお話ししていきます。

 

唇にシミができる原因

 

紫外線

 

紫外線

 

唇は他のお肌と比べて角質層が非常に薄く皮脂腺もないため、紫外線の刺激を直接に受けやすい部位です。また唇以外のお肌はUVケアをしても唇だけはおろそかになっている人も多いでしょう。紫外線を直接受けやすいと唇にメラニンができやすくシミの元となります。

 

唇にはメラニンができやすいのですが、お肌のターンオーバー(皮膚の元ができてから外側にまで押し上げられてはがれ落ちるまで)の周期が28日なのに対し、唇のターンオーバーの周期は3~5日で、メラニンができてもすぐにはがれ落ちるため、通常であればシミにはなりません。

 

しかし乾燥が続くなど唇の健康状態を維持できないとメラニンが蓄積されてシミとなってしまいます。

 

口紅・グロス

 

口紅

 

口紅やグロス自体が刺激になってメラニンが発生したり、唇に洗い残された口紅の脂分が紫外線に反応したりしてシミになる場合もあります。

 

特にメイクを落とす際にクレンジングがしっかりできていないと脂分が唇に付着したままで正常なターンオーバーができなくなり、様々な刺激がもとにできたメラニンが唇の中にとどまり続けてしまいシミとなってしまいます。

 

食事

 

辛いもの

 

辛い食事なども唇にダメージを与える要因です。辛い物を食べた後にリップケアをせずに放置していると唇の荒れを招くリスクがありシミにつながっていきます。

 

 

唇のシミを消す方法:自宅編

 

6つ

 

唇にできたシミはどのようにして消せるのでしょうか?6つの方法をご紹介します。

 

スクラブケア

 

スクラブが唇表面の角質を取り除き、色素沈着の排出を促すことができます。1〜2週間に1度のペースで行えばよいでしょう。

 

パックや保湿

 

パックは保湿性の高い泥パックがおすすめです。定期的に潤いを与えることでシミを薄くすることができます。

 

ホホバオイルを使ったケアもおすすめです(すぐ後で詳しく書きます)。

 

美容液やクリームを使う

 

市販のシミ取り美容液やクリームを継続して使うことで、1年もたたずにシミが目立たなくなります。ハイドロキノンやビタミンC誘導体入りのクリームの効果が高くおすすめです。皮膚科に行けばより濃度の高いハイドロキノンや相乗効果が期待できるトレチノインも処方してもらえます。

 

市販のシミ取りクリームはランキング形式でこちらで紹介しています

 

ホホバオイルを使う

 

通常のスキンケア以外にもホホバオイルを使ってみましょう。

 

ホホバオイルのホホバとは樹齢が200年に及ぶものもある多年性の低木で、暑さと乾燥に強いのが特徴です。ホホバオイルは敏感肌の方でも使える成分で、保湿効果が高いことで知られています。

 

美容液やクリームで唇をケアした後にホホバオイルでふたをするとよいでしょう。

 

唇に使うものですので無農薬・化学成分無配合のものを選ぶようにしましょう。

 

おすすめのホホバオイル
ナチュラルオーケストラ

 

ナチュラルオーケストラ

厳格な規定のある海外でオーガニック100%の認定をもらった化学成分一切配合なしの最高品質ホホバオイル。シミだけでなくニキビやくすみ肌などオールラウンドに使えます。

 

加熱処理していないため、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどが豊富です。

 

ナチュラルオーケストラをつけた女性は今までつけていたオイルとの違い、肌がよみがえる感覚を味わえるようです。

 

ナチュラルオーケストラの公式サイトへ

 

 

 

唇のシミを消す方法:皮膚科編

 

レーザー治療を行う

 

レーザー治療

 

唇のシミにはレーザー治療が効果的です。自宅で取り切れないと感じたら美容皮膚科のレーザー治療を受けてみましょう。

 

レーザーでのシミ取りをお肌にやっている皮膚科でも唇まで対応していない場合があるため、訪問前に電話やメールなどで確認してから行くようにしましょう。

 

唇のレーザー治療には痛みはほとんど感じられません。施術後はかさぶたになり数日後にはがれ落ちます。

 

唇のレーザー治療は保険適用外で料金もクリニックによりピンキリです。

 

皮膚科でのその他の処置

 

皮膚科ではレーザー治療のほかに、ハイドロキノンクリームの処方、メスを使った切除、液体窒素による処置などもあるため、ご自身の症状により幅広い選択肢があると考えておくと安心できますよね。

 

 

唇のシミの予防方法

 

唇のシミを消す方法に加え、以下の点にも注意するとシミができにくくなります。

 

無添加の口紅を使う

 

一般的な口紅には鉱油成分が含まれシミの原因となりやすいです。またタール色素は紫外線に反応しやすく色素沈着を起こしやすいです。それらを含まない無添加の口紅を使うようにしましょう。

 

タール色素は「赤234」のように色のあとに数字が並んで表示されている染料または合成着色料の1つです。

 

 

日中はUV効果のあるリップクリーム

 

日中は口紅を塗る前にUV効果のあるリップクリームを塗りましょう。

 

 

洗顔・クレンジングをしっかりする

 

毎日の洗顔やクレンジングで唇のメイクや汚れもしっかり落とすようにしましょう。

 

 

就寝時にリップクリームを塗らない

 

唇の保湿のために夜寝る前にリップクリームをつける人がいますが、リップクリームにも油分がついているので唇に負担をかけ、唇の荒れや乾燥の原因にもなります。

 

リップクリームの中でも夜用のリップクリームを選んで使うようにしましょう。

 

 

病気が元でできる唇のシミについて

 

看護師

 

紫外線や口紅以外にも唇のシミになる原因があります。

 

ポイツイェガース症候群

 

ポイツイェガース症候群といって、大腸に100個以上のポリープができる病気です。この病気になると、唇だけでなく手足にも異常なほどの色素沈着がみられるようになります。

 

唇のシミのでき方が急過ぎたり他の部位にもシミが出てきたりするようなら、子宮がんや乳がんの恐れも十分あります。

 

 

口唇メラノーシス

 

20代の女性に多く多く発生するシミで、多くは口唇炎とリップクリームを含むコスメや塗り薬を長期間使っていることが原因です。また口唇メラノーシスを持つ人の半数がアトピー性皮膚炎を併発しています。

 

 

メラノーマ

 

悪性黒色腫と呼ばれる皮膚がんの一種で、男女関係なく30代以降に発生しやすく短期間で大きくなる傾向にありますので、そのようなシミがあるようなら迷わず皮膚科を受診しましょう。

 

 

唇のシミを消す方法 まとめ

 

唇のシミを消す方法としていくつか紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?

 

ご自身の症状と見比べて、もし症状がひどいようでしたら一度皮膚科に相談されるのが良いでしょう。

 

 

 

シミ取りクリームランキングへ