肝斑の飲み薬おすすめなのはコレ

 

肝斑

肝斑に効く飲み薬を探している人に、いくつか肝斑向けの飲み薬をご紹介していきます。

 

そもそも肝斑は女性ホルモンの影響によってお肌に浮き出てくるもので、特に妊娠期授乳期にある女性によく発生します。

 

通常であれば閉経とともに消えてなくなります。

 

 

肝斑治療の注意点

 

肝斑は女性ホルモンに起因するものが多いのですが、他のシミと同時に発生している場合があり、老人性色素斑や炎症性色素沈着などと間違ってレーザー治療をした場合には色素沈着がかえって強くなる場合もあるので注意が必要です。

 

他のシミの沈着が進んでいてレーザー治療をするにも肝斑を先に消さないとレーザー治療ができないため、何よりも先に肝斑治療を実施する必要があります。

 

 

肝斑の飲み薬で効く成分は?

 

肌に塗って美白に導く成分には、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチンなど数多くありますが、肝斑に飲んで効く薬の成分はトラネキサム酸です。

 

トラネキサム酸を配合した飲み薬で市販品はトラネキサム酸のメーカーである第一三共ヘルスケアが販売するトランシーノUです。

 

トランシーノUの特徴

 

トランシーノU

トランシーノUには肝斑を改善するとして知られているトラネキサム酸のみならず、シミを緩和するL-システインやビタミンCが配合されています。

 

トランシーノは肝斑を改善する薬として販売されていて、臨床試験において1日2回、8週間服用することで肝斑に高い効果を確認できました。

 

改善率も飲み始めて2週間後29.5%、8週間後には85.2%と大幅な改善効果が出ています。

 

ここまではっきり効果が見込めるのも日本をリードしている製薬会社が長年の研究や医薬品開発の経験値によるものが多いのかもしれません。

 

トランシーノUの効果は?

 

トランシーノUの効果は4〜5週間後に現れます。

 

トランシーノUには副作用はないの?

 

トランシーノはOTC薬(市販薬)ですが、モニターを使った臨床試験では副作用の発生率は5%で、症状は胃腸障害、腹痛、臨床検査値異常となっています。いずれも軽度の症状とのことで心配する必要はありません。

 

 

トランシーノホワイトC

 

 

肝斑以外の老人性色素斑、炎症性色素沈着、そばかすに効く飲み薬

 

老人性色素斑、炎症性色素沈着、そばかすには、L-システインに効果があります。

 

L-システインを配合している飲み薬はいくつか販売されています。

 

 

トランシーノホワイトC

 

トランシーノホワイト

トランシーノUと同じく、第一三共ヘルスケアより販売されているシミ治療薬です。

 

L-システインを1日当たり240mg、ビタミンC1,000mgを配合しています。

 

過剰なメラニン生成を抑え、肌に沈着した黒色メラニンを無色化します。さらにお肌の新陳代謝を進め、メラニンの排出を促進します。

 

肌のターンオーバーの目安である4〜6週間飲み続けて変化を見てみましょう。

 

 

トランシーノホワイトC

 

 

ロスミンローヤル

 

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルは米田薬品より販売されている飲み薬です。もとは米田薬品の創業者である米田俊一が妻のために作り、顔見知りにのみ配っていたものを全国展開しているドラッグストア・調剤薬局であるアインファーマシーズの呼びかけで一般販売されるようになりました。

 

ロスミンローヤル1日分にはL-システインが160mg、ローヤルゼリーが50mg、ビタミンC180mgが配合されています。

 

ロスミンローヤルの売りはすなわち、「シミだけでなく、小じわにも効果がある」こと。

 

効果のあるお肌の症状には、しみ、そばかす、にきび、肌荒れ、小じわなどがあります。

 

さらに血行を良くする成分も配合されていることから、肩こりや腰痛などにも効くので、日頃お肌の悩みだけでなくカラダに様々な悩みを抱えている女性はロスミンローヤルを飲んでみるといいかもしれませんね。

 

ロスミンローヤルは通販でも購入できます。定期便も選択できますが、3ヶ月毎3箱/6ヶ月毎6箱の定期便にすると割引価格で購入できるうえ、アットコスメのクチコミランキングで1位を獲得したロスミンリペアクリームホワイトをプレゼントしてもらえます。

 

 

ロスミンローヤル

 

 

 

シミ取りクリームランキングへ