背中のシミを消す方法|たくさんできているシミはどう消すの?

背中シミトップ

 

背中のシミを取る方法をご紹介していきます。

 

背中にできるシミやニキビ跡は、顔にできるものと違い普段目にしないため、ある時点までは気にならないのですが、ひとたびその存在に気付くとどうにかして消したいなって感じる人は多いと思います。

 

しかし毎日目にする部分ではないために気づいたときにはすっかりシミが定着していたということもよくある話です。

 

当記事ではシミがどのステージにいるかに応じて、背中のシミの初期段階での治療法、定着してからの治療法、そしてできる前の予防法、の3点に絞って背中のシミを消す方法をご紹介していきます。

 

シミの原因も3種類ありそれぞれ治療法が異なりますので、まずはシミの原因からご紹介していきます。

 

当記事の最後には背中ニキビの治し方についても解説していきます。

 

背中のシミの原因

 

紫外線によるシミ(老人性色素斑)

 

お肌は紫外線を浴びると肌の奥にあるメラノサイトが刺激されてメラニンを生成しシミとなります。

 

少ない量の紫外線であればお肌の新陳代謝で自然に排出されていくのですが、急激な日焼けでお肌のターンオーバー(新陳代謝)で賄いきれない量のメラニンが発生したり、長年ちゃんとした紫外線ケアをしていなかったり、お肌の乾燥状態が続いたりすると、肌内部に徐々にメラニンが蓄積されシミになります。

 

このシミが更に紫外線を吸収し続けるとイボのようなものに変化(脂漏性角化症)してしまいます。良性の腫瘍のためガンにはなりませんが、見た目が悪いのでこうなる前に悪化しないような対策をしておきたいですね。

 

ニキビ跡によるシミ(炎症性色素沈着)

 

シミは紫外線だけでなく、ニキビなどを潰したり引っかいたりした後に痕となったところにメラニンが沈着してできます。

 

背中は体の中でも皮脂の分泌が多かったり、汗が拭きとりにくかったり、髪の毛がかかり不潔な状態になりやすかったりで、特にニキビができやすい場所です。また皮脂を好むマラセチア菌というカビが増殖しニキビに似たものもできます。

 

ストレス、睡眠不足、偏った食生活などもお肌全般に悪影響を与えます。

 

ちなみに紫外線の影響でできたシミを「老人性色素斑」、それが進行してイボのようになったものを「脂漏性角化症」、ニキビ跡がシミになったものを「炎症性色素沈着」といいます。

 

また肌の白い方が日焼け後にできる作る花弁状のシミを「花弁状色素斑」といいます。

 

急激に日焼けした後にできるシミ(花弁状色素斑)

 

急激な日焼けによって皮がむけるほど皮膚が痛んだ後にできるシミで、色白で日焼けをするとすぐ赤くなる人に多くできます。花弁状もしくは金平糖状の形をしています。

 

このシミは悪化すると皮膚ガンになるリスクが高いといわれています。

 

 

背中のシミを消す方法

 

シミを消すには

  • ターンオーバーを促進させるか
  • シミを薄くするか
  • 取り除くか

この3つの方法があります。

 

しかし

  • 定着してしまった紫外線によるシミ
  • 進行してイボのようになった紫外線によるシミ
  • 皮がむけるほど日焼けした後にできるシミ

この3つに関しては次に説明するシミを消す方法の中でもレーザー治療しか効果がありません。その点を踏まえて読み進めてみてください。

 

食事

 

お肌のターンオーバー・新陳代謝を早める栄養素はいくつかあります。なかでもビタミンAとビタミンCはおすすめです。

 

ビタミンA

皮膚の新陳代謝を促し、シミを排出させることができます。ビタミンAは体内にためておけるので、定期的に取り込むことを心がけるだけでOKです。野菜の中にはβカロテインとして存在し体内に取り込まれるとビタミンAに姿を変えます。

 

鶏レバーうなぎモロヘイヤにんじんなどがβカロテインを多く含んでいる食品です。

 

ビタミンC

メラニンの沈着を抑え、メラニン色素を還元してシミを薄くする作用があります。ただしビタミンCは体内にためておくことができないので1日に何回かに分けて取り込むのが良いでしょう。

 

パプリカ菜の花ブロッコリーなどがビタミンCを多く含んでいます。 

 

ビタミンA、ビタミンC以外にも、メラニンの生成を抑制する栄養素として、リコピン(トマト・スイカなど)、エラグ酸(ザクロ・ベリー類など)、L-システイン(シラス・かつおなど)、アスタキサンチン(サクラエビ・シャケなど)があげられます。

 

睡眠

 

質の良い睡眠を取ると、成長ホルモンや女性ホルモンを分泌させ、正常なターンオーバーを促進できます。質の良い睡眠を取るには、ぬるめのお湯に長めに入りカラダを温める、寝る前にカフェインを取らない、PCやスマホなどのモニター画面を見ないなどを心がけるようにしましょう。

 

保湿

 

日焼けをすると肌が乾燥してターンオーバーが正常に働かなくなりメラニンが蓄積しシミになります。毎日のスキンケアで保湿することで、お肌のバリア機能が高まりターンオーバーを促進します。

 

美白化粧品

 

一般的に顔に使う美白化粧品も背中に使えます。ただし背中に化粧水、美容液、クリーム、乳液といろいろ塗るのも現実的ではないですよね。背中には保湿と美白を一緒にできるオールインワンタイプの美白化粧品がおすすめです。

 

成分としては、保湿:セラミド・コラーゲン・プラセンタ、美白:ハイドロキノン・トレチノイン・ビタミンC誘導体などが入っているとよいでしょう。

 

美白化粧品にはシミを取り除くだけでなくメラニンの生成を抑える効果もあるのでシミ予防にも期待できます。

 

ニキビ跡でまだシミには至っていない場合には、グリチルリチン酸ジカリウム(炎症を鎮める)やサリチル酸(角質を溶かして柔らかくする)などが配合されたジェルまたはクリームを使用するとよいでしょう。

 

おすすめのオールインワンジェルとしてシミウスをご紹介します。

 

シミウス

シミウス

モンドセレクションで銀賞受賞、RangKingRangQueen(ランキンランキン)で10か月連続1位を獲得し、すでに300万個も販売しているオールインワンジェルです。

 

プラセンタやヒアルロン酸、コラーゲンを配合して、背中の保湿と美白を同時に達成します。

 

さらにニキビの治療に必要なグリチルリチン酸ジカリウムも配合しているため背中ニキビで悩んでいる人には最適のオールインワンジェルです。

 

価格

4,743円(税別)

定期コース

3,795円(税別)

返金保証

30日間

 

シミウス

 

 

内服薬

 

L-システイン配合の内服薬を飲むことでシミを薄くできます。市販の内服薬(第三類化粧品)にはホワイピュア、ロスミンローヤル、キミエホワイトなどがあります。

 

これら内服薬はサプリメントに近いものなので、日常の食事をしっかりとったうえで、毎食後などに推奨量を継続して飲むことで徐々に効果を実感できます。

 

当サイトでは1回あたりのL-システイン量やビタミンC量を唯一表示しているホワイピュアをおすすめします。

 

ホワイトピュア

ホワイピュア

ホワイピュアは「シミ・そばかすに飲んで効く医薬品」として販売されており、美的やVOCEなどでも紹介されている医薬品です。

 

お肌に透明感を出すL-システインやメラニンの生成を抑制するビタミンCを配合、その他お肌によいビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEを配合しています。

 

お肌のターンオーバーとメラニンの排出を促します。

 

定期コースを選択するとRankingRangQueenで1位を取得した美白クリームがプレゼントでもらえます。

 

通常価格

5,800円(税抜)

定期コース価格

2,900円(税抜)

定期コースプレゼント

ホワイピュア薬用美白クリーム1本

 

ホワイピュア

 

ケミカルピーリング:

 

歳を重ねるごとにターンオーバーの周期は遅くなり、それがシミを悪化させる原因にもなっています。

 

ピーリングはターンオーバーを促進し、皮膚の表面に張り付いている古い角質を取ることで、すでにあるメラニンがスムーズに排出されるようにサポートします。

 

古い角質が取れると浸透力も当然アップするので、美白化粧品を使いつつピーリングも同時並行で行うとより効果が高まります。ピーリングは顔以外にやるとより効果が現れやすいです。

 

ピーリングは自宅でできるものと皮膚科でできるものがありますが、自宅で使えるジェルは濃度が薄く時間がかかる一方で、皮膚科では濃度が高いジェルを使ってやるので短時間で効果を実感できますが、保険が効かないので費用はかかると考えておきましょう。

 

イオン導入

 

エステなどで行われるもので、微弱電流を使いビタミンC誘導体を肌の奥へ届ける施術です。浸透効果が飛躍的に高まるので即効性が期待できます。ビタミンCには皮脂の過剰分泌を防ぐ効果があるため、背中のシミ・ニキビ対策には効果的です。

 

ちなみにエステでも、ピーリングや後で説明する光治療が行われますが、医療機関ではないので使用するジェルにしても聞きにしても医療機関と比較して大分弱いものを使います。

 

レーザー治療

 

シミを消すにはレーザーを使うのが一番手っ取り早いです。保険適用外ですので美容皮膚科により料金はピンキリですが料金が高いからといって質が高い、安全だということにはならないので、口コミなどを見比べながら良いと思ったクリニックで行うとよいでしょう。

 

美容皮膚科ではレーザー治療と合わせてハイドロキノンやトレチノイン配合の外用薬や内服薬の処方もしてくれるので、レーザー治療に限らずご自身の肌の状態に最適な治療を受けることができます。

 

光治療:

 

レーザー治療はピンポイントでシミ除去をしていくので広範囲にできたシミやニキビ跡には向いていません。光治療は広範囲にできているシミを除去するのに向いています。

 

背中のシミの予防

 

笑顔の女性

 

背中のシミをこれ以上悪化させないために、日ごろから予防することが必要です。以下の方法をできるだけするようにしましょう。

 

日焼け止め・UVクリームは必ず塗る

 

日焼けのもとになる紫外線にはUVAとUVBがあり、それぞれを防ぐ成分が異なります。

 

日焼け止めを選ぶ指標に「PA」と「SPF」がありますが、PAはUVAをSPFはUVBを防ぐ指標です。PAは「PA+」〜「PA++++」までSPFは「1」〜「50+」まであり、強ければ強いほど効果は高いのですが肌への負担も強くなるので、いくつか手元に置いておいて状況に応じて使い分けるようにしましょう。

 

また日焼け止めは数時間で落ちていってしまうので2〜3時間に1度は塗り直しするように心がけてください。

 

良く洗い良く落とす

 

首から背中にかけての一帯はなかなか手が届かないところですので意識して洗うようにし、またしっかりと洗い流して汚れや洗剤が残らないようにしましょう。

 

食事

 

シミの改善で記載した内容そのままですので省略します。

 

日焼け止めサプリ

 

日焼け止めサプリは肌への負担がなく、塗り残しなどもないため食事に足すようにして飲むとよいでしょう。「メディパラソル」がおすすめです。

 

シミ対策グッズ

 

UVカット効果のある日傘や帽子をつけて紫外線を直接吸収しないようにするのと、目が紫外線を受けると脳がメラニン生成を促すので、外出時には大きめのサングラスを身につけて目を守るようにしましょう。

 

 

日焼けをしてしまったら

 

日焼け

 

思いがけず日焼けをしてしまった場合には、日焼けした部分をしっかりと冷やし、その後保湿クリームを塗って、被害を最小限に食い止めましょう。

 

市販の保湿クリームを使うときは薬局やドラッグストアで薬剤師に症状を見てもらっておすすめのクリームを購入すると間違いありません。日焼けの症状がひどい場合には皮膚科に行き日焼けの症状を緩和するクリームなどを処方してもらうとよいです。

 

 

背中ニキビが気になる場合

 

ニキビ跡ではなく、いままさに背中にできているニキビを治す方法をお知らせします。

 

背中ニキビの原因

 

背中ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れ、皮脂の過剰分泌、細菌感染などです。汗や入浴時の洗い残し、毛髪が常に触れているなど、清潔な環境を維持できないのが原因です。

 

初期のニキビは炎症を伴いませんが、症状が悪化するとニキビの中に膿(うみ)を含むようになります。ここまでくるとかゆみがはっせいするようになります。

 

背中ニキビを治す方法

 

軽度のニキビは1週間程度で治りますが、放置して悪化したものになると数か月はかかるといわれています。軽度のニキビには顔に使うようなニキビ化粧品を使うのもありですが、重度のニキビは自分で何とかしようとせず皮膚科を受診するようにしましょう。

 

背中ニキビの予防方法

 

食事や睡眠など生活習慣の改善をしてお肌のターンオーバーを促進するとともによく洗って汚れをしっかり落とし、保湿もしっかりして雑菌が毛穴に入り込む余地を与えないことが必要です。

 

 

背中のシミを消す方法まとめ

 

背中のシミを消す方法はいかがでしたか?背中ニキビについてもふれて背中のシミ・ニキビについて解決方法がわかるようにしてみました。困っていることは解決しましたか?

 

 

 

シミ取りクリームランキングへ